顔をすっきり見せたい人のための、メイクの方法

3048554599_3db4b69477

小顔になりたいと思っても、すぐに小顔になれるわけではありません。
また、もともと丸顔の人もいますよね。そういう人でも、メイクによって丸顔に見せないようにすることは可能です。

シェーディングで小顔効果!

まず、ベースメイクの時点でシェーディングをほどこしましょう。頬にシェーディングを入れると、丸い頬が目立ちにくくなります。

シェーディングとは、暗い色のパウダーを使って影を作ることです。大きめのブラシを使って入れると自然な仕上がりになりますよ。

ハイライトも重要です。ハイライトとは、白いパウダーを淹れること。シェーディングと併用することによって、立体的な顔を作ることができるテクニックです。
ハイライトは、以下のところに入れましょう。

  • 目の下から目の外側にかけてカーブを描くように
  • 鼻筋
  • おでこ

これで、立体的な小顔が作れますよ。

眉毛とチークで変わる!

眉毛は、本来の自分の眉毛の位置よりも少しだけ上にはみ出すように書きます。
そうすることによって顔が少し縦長に見えて、丸顔が目立ちません。少し長めに描くのがコツですよ。

チークは、丸く入れずに、若干斜めに入れるのがコツです。頬骨に沿ったラインを意識するとうまくいきますよ。チークは特に顔の印象を左右するので、慎重に入れるようにしましょう。

目元か口元を強調する

アイメイクやリップは、どちらか一方をこだわるのがおすすめです。
両方強調するようなメイクをするとメイクが濃く見えますから、メイクを濃くしたいとき以外はおすすめしません。

アイメイクを強調したい場合は、まつげだけでなくアイシャドウで濃淡をつけて、目元を際立たせるようにします。
リップを強調したい場合は、下唇を若干厚めに塗るのがポイントです。

眉毛は上へ、唇は下へ大きく書くことで、縦長の印象になり丸顔が目立たなくなります。

メイクはいつも同じ、という人も多いと思いますが、少しやり方を変えるだけで丸顔は目立たなくなります。特に、現在丸顔が強調されるようなメイクをしてしまっている人は、ぜひ参考にしてくださいね!