小顔と生活習慣の関係、あなたはNG習慣を続けていませんか?

6459096825_00e8f2d0e8

「小顔な人って、生まれつきなんだろうな~」と思っていませんか?たしかに、もともと持って生まれた骨格や体質の違いはあるかもしれません。でもそれ以上に、生活習慣の違いが、小顔とそうでない人の差を作っていると言えます。

そこで、ここでは顔が太ってしまいやすいNG習慣を紹介したいと思います!

このNG習慣が顔を太らせる!

あなたは、以下のような生活習慣に心当たりはありませんか?

  • 冷たい食べ物・飲み物が好き
  • 味の濃い食べ物が好き
  • 運動しない
  • 湯船に浸からない

まず食事関連では、冷たいものと味の濃いものが好きな人はアウトです。冷たいものは体を冷やしてむくみやすくしますし、味の濃い物も同様。さらに味の濃いものや冷たいものは高カロリーなものが多いので、太りやすいと言えるでしょう。
運動は、小顔になりたいなら必須です。運動をしていない人は脂肪の燃焼量も少なく、また体が冷えやすいのでそれだけむくみやすくなっています。ハードな運動をする必要はありませんが、毎日の生活の中で歩く機会が少ない人は要注意ですよ。
入浴に関しても、湯船に浸かる習慣が無い人は、太りやすくむくみやすいです。いつもシャワーで済ませている人は、せめて時間があるときだけでもゆっくり湯船に浸かるようにしましょう。

生活習慣を改善すれば顔やせは成功します

顔が太ってしまった人というのは、顔が太る生活をしているから太ったと言えます。いくらマッサージや食事制限をがんばったとしても、生活習慣を改善しない限りは一時的に顔が小さくなるだけでもマッサージなどをやめればすぐに元に戻ってしまいます。

逆に、生活習慣を改善するだけで顔やせは可能です。もちろん、マッサージや食事制限、運動なども効果がありますが、そこまでストイックにがんばらなくても、生活習慣さえ正せば自然と顔は小さくなっていくものです。

間違った生活習慣を続けている限りは顔やせはできないので、思い当たる生活習慣がある人はぜひ早めに改善してくださいね!