顔やせしたい人必見!顔やせダイエットの食生活の考え方

7784187292_1cfc5efc92

顔に脂肪がついてしまったり、むくんだりするのは食生活に問題があるからかもしれません。わたしたちの体は、自分が食べたものによって作られています。つまり、太りにくい食べ物、むくみにくい食べ物を食べていれば、顔が太るようなことはない、というわけですね。

では、どのような食生活を送っていれば、小顔でいられるのでしょうか?

厳しい食事制限は要らない!

顔やせしたい人やダイエットしたい人がやりがちな失敗は、「食事を制限しすぎること」です。食事では、カロリー以外に美容や健康のために必要な「栄養」を摂取する、という大切な役割があります。でも、食事をやみくもに制限すると、必要な栄養まで不足して、不健康で美しくない状態になるのです。

顔やせを成功させたいなら、厳しい食事制限はしてはいけません。
しっかり食べないといけないということを知っておきましょう。

タンパク質、ビタミン、食物繊維を摂ろう

顔やせを成功させたいのであれば、十分な栄養を摂りつつ、カロリーだけを控えることが大切です。そこで、積極的に摂取していただきたいのがタンパク質、ビタミン、食物繊維なんです。

タンパク質は、お肉や魚、大豆製品など。お肉の場合は脂質が多くカロリーが高いので、魚や大豆製品をメインにして、お肉は少なめを心掛けましょう。(お肉を食べない、というのはNGです)

ビタミンは、美容のためにも重要ですが、脂肪燃焼に関わるビタミンもあるので、不足のないように気を付けます。また食物繊維は、便秘解消には効果的で、腸内の老廃物を排出してくれますのでこちらも不足のないように。ビタミンや食物繊維をしっかり撮るためには、野菜・果物をたっぷり摂る必要があります。

イモ類は炭水化物になるので少なめにするようにして、サラダや煮物などでたっぷりの野菜を食べるようにしましょう。果物は、朝食で摂ります。そのまま食べたり、ヨーグルトをかけたりスムージーにしたりと変化をつけながら、毎日の習慣にしてくださいね。

炭水化物は控えめに

厳しい食事制限は不要ですが、炭水化物(糖質)については少し控えます。
糖質は脳の栄養にもなるものですし、まったく摂らないというのはおすすめできませんが、今まで通り食べているとなかなか痩せませんので、気を付けましょう。

タンパク質をしっかり摂取していれば、主食を少なくしてもちゃんと満足感はあります。特に、コンビニのおにぎりやパンはやめて、サラダやおかず類をメインに食べるようにしてみてくださいね。

主食を減らしてタンパク質やビタミン、食物繊維をしっかりと摂取していれば、顔やせダイエットは成功します。みなさんもぜひ、試してみてくださいね!