むくみだけじゃない!顔が丸く大きくなってしまう原因とは?

114394703_fb7fbbe317

顔が丸い。顔が大きい!
顔やせしたい!!

そう思っている人は多いと思います。

顔が大きくなってしまう、むくみ以外の原因とは

顔が丸く大きくなってしまうのはむくみのせいだと思われがち。
でも、むくみ以外にも、顔を丸く大きくしてしまう原因はあります。

  • むくみ
  • 脂肪
  • 骨格のゆがみ
実は、むくみ以外にも、脂肪や骨格の歪みによって顔が丸くなってしまうんです!むくみだと思って一生懸命マッサージしていてもなかなか小顔になれない人は、脂肪がついていたり骨格がゆがんでしまっている可能性もあります。

脂肪はマッサージではとれない!

脂肪というのは、全身にまんべんなく付くものです。つまり、顔にも脂肪が付く、ということです。脂肪は燃焼させなければなくなりませんし、いくら熱心にマッサージをしたとしても、キレイにはなりません。

脂肪をとるには、食事制限や運動によって、脂肪を燃焼させていくことが必要になります。

骨格がゆがんでいると肩凝りの原因にも!

顔って、左右対称になっているわけではありません。それどころか、大きくゆがんでしまっている人もいるのです。

骨格がゆがんでいるとそれだけで顔が大きく見えますし、また、ゆがんでいるところに脂肪がついたりむくみやすくなったりして、本来の顔の大きさよりも大きく見えてしまいます。

骨格の歪みをとるには整体やカイロプラクティックによって矯正してもらうことも大切ですが、普段の生活の中で骨格がゆがむようなクセ(頬杖など)があれば、まずはそれを直しましょう。

むくみ以外の原因も気にしてみよう

このように、顔が丸い、顔が大きい、という人は、むくみ・脂肪・骨格のゆがみといったことが原因になっています。むくみだと思い込んでマッサージを続けていても、意味がない場合もあります。

むくみだけであれば比較的簡単に顔やせすることができるのですが、それ以外の場合は手間や時間がかかる場合もあるので、脂肪がつきすぎていないか、骨格がゆがんでいないか、ぜひ調べてみてくださいね!